People

“パパになって10分しか経ってないが。。”

10か月を待ち望んでいた末、子が生まれた。たった17日しか経ってない娘をみると、今も出産の感動が寄せてくる。予定日より4日早い朝8時47分に子供が無事にこの世に出た。しかし喜びもまもなく、看護師を通して言われた言葉は、子供の肛門が二つかもしれないとのことだった。

People

主に出会ったら中途半端には生きられません。

まだ働き盛りである32歳の若かれし頃、原因の知れない病に悩まされた。なんの希望も満足もないまま自ら命を絶とうと3度に渡り自殺を図るがそれさえも失敗に終わった。凄絶な絶望の先にイエス様はこつ然と会いに来て下さった。

People

最後の復興を期待して従っています。

福音と祈祷が宣教現場で宣教戦略になれるのか。7年間の長短期宣教師を送って、宣教現場がどのように連合しているのか、信者がどのように建てられるのかを経験してきたヨセップの倉庫ミニストリーの宣教師たちはみんな同じく語った。

People

神様は私を最後まで離さなかったです。

私には主のみ言葉が信じられます。奇跡です。論理では説明できない神様の恵みにただ感謝をささげます。私のような年寄りが主にどのくらい仕えるでしょうか。しかし主は私を最後まで離さなかったです。

People

“主に従うこと以外は全部諦めますよ。。”

一人の魂が真の変化を経験して、神様に従う力はどこからくるのか。自分の熱心と最善では必ず衰えるでしょう。しかしイェス・キリストを自分のかしらとする全ての教会は従う力を得るであろう。‘神様にしたがうしか他に選択はない。ただ真理が結論である’と告白するシン執事に会って話を聞いた。

People

‘ロシア・日本協約以後移住したサハリンのアイヌ族中クリスチャン多かった‘ (インタビュー)

アイヌ民族情報センターを運営している三浦牧師を通してアイヌ族のクリスチャンに会えた。現在大学でロシア語を教えている太田満月。しかしアイヌ出身なので、彼は正式な大学教授になりにくいと言った。彼を通してアイヌのクリスチャンの人生を聞くことができた。

People

“神様だけで十分である信仰の歩みを夢見ながら。”

キリスト教家庭で生まれて育った青年。彼は教会の庭を踏んでいた者から、神様の国の復興と宣教完成を望む新しい被造物としての変わる経験。神学生と教会の働きを行う伝道師として、副教役者として、福音が自分の人生に実在しているかを質問して見てはいるが、いまだに渇きを感じ、

People

“互いに刺しあっていたハリネズミのような関係から、信仰の同伴者になりました。”

絶望的で波乱満場だった古い人を脱ぎ去り、イェスキリストの衣を着て、信仰の歩みを一歩ずつ歩みだす夫婦がいた。一時は‘互いに刺しあっていたハリネズミのような二匹でした’と自分たちの過去を回想した。しかしいまは‘私たちがこのように共に信仰の告白を分かち合えるのは、

People

“ただ神様の愛をもっと知りたいです。”

‘私の一生歩む道進めて。。’讃美歌の告白のように一人のクリスチャンの一生を説明できる単語があるならば、ただ‘恵み’という表現であろう。彼の出生と彼の人生の場と、彼の肉と魂の成長と信仰の歩み。そして神様の救いの働きに呼ばれて、

People

“今は恵みをくださいと祈っています。”

私たちは時には非凡な存在になりたいという野望に落ちいたりもするが、平凡な存在に残りたいという安逸感が与える誘惑にもっと親しい時が多い。世の価値観に合わせて生きていた‘へ平凡な’私たちの人生にイェス様が訪ねてきてくださると

People

‘ガン宣告された聖徒のために感謝の礼拝をささげました’‘足りない教会?誤解です!’

神様のみ子、イェス・キリストは無視と迫害とあらゆる苦難と十字架の悲惨な死の刑罰をうけた。そして復活によって罪人たちが清い神様へ進める道を開拓してくださった。また信仰でその道に歩み出た者たちを教会として立たせて、みずからその教会のかしらになって、

People

“借金問題ですか。ヨシュアのように主だけを見上げてただ従います”

聖書は‘お金を愛することは悪の根になる’と言っている。お金をあいすると、どんな悪い罪でも犯すとのことである。実状はお金を愛するよりも自分自身を愛する罪の根本、つまり貪欲に対しての警戒のみ言葉である。酷く貧しさに苦しんでいて、お金に希望をもって不安げに生きてきた人生から、

People

“私のような罪人を十字架の前に再び立たせろという使命をいただきました”

福音を伝える牧師はどのように神様に出会い、その’初の愛‘を覚えて、福音の能力を感謝しているのか。毎年数千人の牧師を輩出している韓国で、牧師として教会に仕えているのはどんな意味なのか。神様の呼びかけによって教会を開拓して、福音の本質のままに生きようとして、