World News

神様の人に成長しなさい。

神様は聖書を通して恵みの福音を与えてくださって、ただ信仰によって救いを得るようにしてくださった。主と交わり、主の人に成長させてくださる。

World News

“神様の栄光の光が私たちの心に。。”

“貴方たちはわたしにでてきて耳を傾けて聞くのか”(イザヤ 55:3) ‘この世で一番大事な話を。。!’きらきらと光る子供たちの瞳。小さな田舎の教会で私のような罪人を救うために大事なみ子、イェス・キリストを送ってくださった神様の愛の話が、ある宣教師を通して聞かされた。

World News

神様のお救いを感じたのか

“ダビデはまた言った、「ししのつめ、くまのつめからわたしを救い出された主は、またわたしを、このペリシテびとの手から救い出されるでしょう」。”(サムエル上 17:37a)

World News

アイランド、イスラム批判の説教牧師に‘無罪’

‘私は特定のイスラムの信者を指して攻撃したり、憎悪したりはしなかった。また私の発言を通して善良なイスラム信者が傷つくことはなかったと思っている。私は牧師として教会で発言するときは、そこに集まった人たちと同じ信仰をもって彼らに真理を教えている’と彼は言った。

World News

ブルンディの危機状況…“内戦直前”

アフリカの中部内陸にあるブルンディでは、ピエル・ウンクルンジザ大統領が4月に3選挑戦を宣言していてこれに反対しているデモ隊と野党などの数百人が牢に入れられていて、反政府デモと暴力事態が連日続いている。

World News

大地震に続く‘ガソリン大乱’で苦痛

宣教師は‘もうすぐ冬なのに心配です。ネパルの大地震に続いて、ガソリンとガスがなくなる状況がなぜ重なったのか私たちは分かりませんが、神様の善なる摂理の過程だと思っています’とお祈りの手紙を通して語った。

World News

命の実

イエス・キリストは十字架で彼の体を裂いて死んで、私たちに命を与えてくださった。イエス様の命を受け取った私たちは、いつも自分は死んでイエス様によって生きる人生を生きていくのである。

World News

“私は一生神様を賛美します”

聴覚障害で聞けないが、太鼓をたたく少女たち 巨大なごみやまであるケーニャのゴロゴチョの村で、3人の太古をたたく少女たちに会いました。貧しいここの赤ちゃんたちは熱病になると、解熱剤を飲めなくて死ぬか、聴覚障害を患うようになります。

World News

“私たちが選べること、それはただ‘福音’です”

本誌は前に続いて二回にかけて日本探訪報告書を掲載した。日本の特別企画の最後編である今回は日本のクリスチャンがみる日本の教会、日本のクリスチャンの人生を紹介する。<編集者> 福音が伝わった一世紀が超えて、人口対比クリスチャンの比率が1%を超えない国。勿論全世界にはこのような国は多い。

World News

日本のアイヌ民族、再び復興の主役として起き上ろう

筆者は以前日本の‘アイヌ’という民族音楽を聞く機会があった。単調であるが特得な旋律。そして反復的なリズムでの無演奏合奏。民族音楽旅行の途中、彼らと遭遇した以来、その名は薄れた記憶の中にしまってあった。そして長い年月が流れて、神様の中でアイヌと言う名を再び浮かべた。未伝道種族の福音化の指標であるジョシュア・プロジェクトを探してみた。その資料を通しても彼らに対して見つからなかった。そして神様の時、神様の導きによってアイヌ民族の本故郷である日本北海道を訪ねた。<編集者>

People

‘ロシア・日本協約以後移住したサハリンのアイヌ族中クリスチャン多かった‘ (インタビュー)

アイヌ民族情報センターを運営している三浦牧師を通してアイヌ族のクリスチャンに会えた。現在大学でロシア語を教えている太田満月。しかしアイヌ出身なので、彼は正式な大学教授になりにくいと言った。彼を通してアイヌのクリスチャンの人生を聞くことができた。

World News

福音の回復のための関門、バルカン半島

前回はバルカン半島が、‘ヨロッパの火薬庫’と呼ばれた歴史的背景と、今日にいたるまでの過程を見た。今回はこの地の回復のために祈る多くの聖徒たちのために、この地に仕えている筆者が祈っていただいた主のみ心を整理した。<編集者>

World News

バルカン半島、長い紛争と葛藤の歴史

最近セルビアとコソボの関係正常化をきっかけに、バルカン半島に新しい春に兆しが起きている。しかしこのような動きが敵着するための関門に至るまで、いろんな問題が多い。長い年月の間、深い反目の時間があったからである。

World News

レバノンのシリアン難民たち、女性と子供たちが大部分

この苦痛の時間がいつまでか。2011年3月15日シリア南部の小さな村のダラで発生した民主化デモから始まったシリア内戦が2年を迎えた。死亡者7万人、難民数100万人に至っているにも、現在も進行形である。接近国であるレバノン、ヨルダン、イラクなど近隣国へ向かうシリア難民行列は連日続いている。2月にレバノンのシリア難民キャンプに行ってきたサンイル教会(ソン・テグン牧師)難民救助チームの訪問記を紹介する。

World News

マリ、反軍鎮圧されて混乱の状況一段落

今年初北アフリカで猛威をふるっていた反軍勢力の退治のために、ひと時この地を植民地としてフランス軍が介入した国、‘マリ’。これに対して反軍らは、‘地獄のふたが開いた’といって、強く抵抗して、アフリカのアフガニスタン事態が再現すると思われていた地域

World News

頭の猟師からクリスチャンへとよみがえた種族

ミヤンマと国境を接しているインドの北東部の高山地帯に位置したナガランド州。ここは人口230万人中、90%がクリスチャンとして知られている特別な地域である(世界祈祷情報、2010)。ひと時、人の‘頭の猟師’という名がつくほど、悪名が広く知られていたナガ人たちがどのようにしてクリスチャンになったのか。それにもかかわらずいまだに存在するこの地の数十未伝道種族の福音化のために課題が残っているここに、最近訪ねてきたエステル・ジョ宣教師の訪問記を紹介する。

World News

“従順する一人を通して福音の門が開く”

一世紀にかけて、アフリカでクリスチャンであると告白した人は900万人から3億6000万人へと増えた。また毎月1200個に数える新しい教会らがアフリカで開拓されている。ケニヤのマサイ族60万人(2000年代中半)中、約9万人がイェス・キリストの弟子たちである。このような統計はアフリカで神様の国が旺盛している姿の断面である。<編集者>

World News

‘平安の人’を見つけなさい。。。福音を伝えよう

アジアの地域の教会開拓の倍加運動を通して現地クリスチャンの活動を公開するには気を付けないといけない地域が多い。いまだに迫害の地域として情報公開が自制されるべきの所があっちこっちにあるからだ。本誌ではこのような状況を考えて、神様の国の教会開拓運動(ヨダン出版社 刊)に紹介されて、すでにクリスチャンたちの活動が現在比較的自由のある国家を中心に調べてみる。

World News

福音を受けて、ただちに福音の伝道師になる。

1990年代から最近に至るまで20年間全世界所々で神様の教会が旺盛に起き上っているとの調査結果が提示されていた。最近世界宣教団体および現場の宣教師たちを通して、未伝統種族の住居地域で小規模の家庭教会が急激に増加してきたと報告されていた。 このような動向はすでに2005年出版された

World News

浮かばない人種掃除現場、エチオピア‘ガンベラ’

絶滅の危機にあったアニュアク種族のための助け手とお祈りの要請 2012年現在進行形人種掃除現場。アフリカのエチオピアのガンベラ地域である。2003年12月13日アニュアク大虐殺で名乗れたこの地域で、アニュアク種族の虐殺作戦が進む以来、今まで続いていると関係者たちの証言である。

宣教ニュース

北朝鮮の地下教会で信徒たちの実際の礼拝映像、初公開

聖書と賛美を接した経路は、生命をかけて国境を超える“バイブルルート”を通して… 『だが、それがなんであろう。口実であれ、真実であれ、とにかく、キリストが告げ知らされているのですから、わたしはそれを喜んでいます。これからも喜びます。(フィリピの信徒への手紙1章18節)』

World View

アメリカで起きている‘クリスマス戦争’

この方こそ、『あなたがた家を建てる者に捨てられたが、隅の親石となった石』です。ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。(使徒言行録4章11-12節)

宣教ニュース

イギリス、キリスト教の教育の必要性を認める。

YouGovの調査参加者らの64%が“キリスト教教育が必要”と発表 イギリス世論調査機関YouGovは“子どもたちがイギリスの国史を理解するためには学校でキリスト教を教える必要がある” と答えた人々が1800名の調査参加者ら中、約3分の2の64%に及ぶと発表した。

World View

メキシコ、この6年間子供を含めて2万5千人失踪

政府が麻薬犯罪との戦争にすぎるほど集中して混乱と暴力の結果 “主はあなたを守る者、主はあなたの右の手をおおう陰である。昼は太陽があなたを撃つことなく、夜は月があなたを撃つことはない。主はあなたを守って、すべての災を免れさせ、またあなたの命を守られる。” (詩編121:5-7)